怖い取り立てはない

怖い取り立てはない

消費者金融でお金を借りる場合、最初から返済を遅らせるつもりはないとしても、もしも遅れた時にどうなるかが気になるものです。少しでも遅れたら強面の人に家に押しかけられるのかと考えると不安になります。そういう怖い取立てがない業者を選びたいと思うものですが、実際にはそのような悪質な取立てをする業者はありません。

消費者金融業者が怖い取立てをしない理由

いわゆるヤミ金などでは、ヤクザまがいの人が家に押しかけて・・・ということはあるかもしれませんが、きちんと金融庁に登録されている業者でそのような取立てを行なうところはまずないと思ってよいでしょう。今は情報化社会ですから、悪質な取立てによってイメージが悪くなれば、それは業者にとっても死活問題となります。ですからできるだけクリーンなイメージを作ることに努力しているのです。

現在ほとんどの金融業者では、受付を女性にしたり、男性でもできるだけおだやかな話し方をしたりと、イメージ作りにやっきになっています。CMを流している大手であればなおさらです。これは口コミその他の評判を良くして新規の顧客を獲得するためということもありますが、リピーターをつなぎとめるという意味合いもあります。消費者金融業者にとって、きちんと返済して何度もお金を借りてくれる人は大事なお客様なのです。できるだけそういうお得意様を増やすために、少しくらい遅れても根気強く穏やかに返済を促すのは、また自分のところで借りてもらおうという意図があります。

取立て方法は怖くなくても、きちんと返済することは大事

悪質な取立てはないので、もしも返済が遅れても怖い思いをすることはないでしょう。しかしその分、ズルズルと言い訳をして返済を遅らせれば、法的な手段をどんどん取られることになります。滞納記録はずっと残ってしまいますし、他のローンを組む場合にも悪影響がでることになります。また、すぐ裁判に以降するというケースもありますから、注意が必要です。