水商売の人は審査に通らない

水商売の人は審査に通らない

基本的には水商売の人は、消費者金融の審査に通らないことが多いです。絶対とは言えませんが、他の職業に比べて収入が不安定であること、離職率が高いこと、そもそも収入証明書を出してくれない、などの理由があります。消費者金融でお金を借りるためには、まず安定した収入があることが原則なのです。

水商売の不安定さが原因

水商売というとホステスやホスト、キャバクラなどですが、これらの職業の人たちは一般的な会社勤めの人や公務員と比べると、格段に審査に通りにくい傾向があります。お金を貸す側の立場で考えていくと、この人は本当に借りたものを利息も含めて返せるのか?ということを厳しく査定するわけです。そもそもお金に困って借りに来ているわけですが、将来的には収入があって返せるという見込みがないと貸せません。水商売の場合、この見込みが少ないわけです。

水商売にもいろいろあり、働く人も様々です。なかには安定した経営をしている店舗もあるでしょうし、まじめに長く勤めている人もいるでしょう。しかし一般論からいえば、水商売は浮き沈みが激しく、働いている人もすぐに辞めてしまいそうなイメージがあるものです。ですからきちんとした返済能力があることや、返済していくという意思があることを理解してもらわなければ、お金を借りることはできないでしょう。

水商売でもお金を借りるには?

まず現在の勤め先からの収入を証明するものがなければなりません。給与明細や納税証明書です。安定収入を証明するには、勤め先からのこうした正式な書類を出してもらうことが必須でしょう。また、きちんと税金を払っているということは、所得を証明するものとなりますし、正式に届けを出している店舗で働いているということの証明にもなりますので、印象を良くすることができます。

またホステスの場合は、お店を転々とする個人事業主と見られる可能性もあります。このような働き方の場合、安定した就業をしているとは見られにくいので不利になるでしょう。