借金の踏み倒しはできない

借金の踏み倒しはできない

悪質な業者から借りても返済しなくていいとか、時効まで逃げ切ればいいと考えて、最初から踏み倒すつもりで借金する人がいます。しかし、本当に借金を踏み倒すことはできるのでしょうか。答えは、いいえ、です。社会的・道義的責任のひとつとして、借りたお金は必ず返すという心構えをもって借りましょう。

簡単にはいかない自己破産

借金を返さなくていいのは、いざとなったら自己破産できるからだと考えるからでしょうか。中には最初から自己破産するつもりで、いろんなところからお金を借りるというケースもあるようです。しかし、思ったほど簡単ではないのが自己破産。自己破産後は様々な制限もつきますから、損得で考えても割に合わないものです。また、返済能力があるのに破産しようとしても裁判所から認められないでしょう。

時効まで逃げ切るという方法はどうか

キャッシングから5年で返済時効が成立すると言われていますが、実際にはこの時効は、貸した側が申し立てれば中断します。つまり、貸した側が何のアクションも起こさずに5年経てば、その権利を放棄したとみなされるわけですが、返済を求め続ければ時効が成立はしないのです。消費者金融の回収業者が、そう簡単に時効成立させることはありません。ありえないと言ってもいいでしょう。ですから、のらりくらりと請求を無視して5年経っても、利息が増えているだけなのです。一生逃げ続けても時効になることはなく、いつか裁判所に呼び出されたり、最悪の場合詐欺罪で告訴されたりもするでしょう。

見つからないように逃げ続けるという方法はどうでしょうか。これも現実的ではありません。住民票や戸籍を移さずに逃げ回っていても公的サービスが受けられないため生活するうえで非常に困ります。また、本人の代わりに連帯保証人に請求がいくわけですから、多大な迷惑をかけることになります。社会的な信用が地に落ち、その後の生活に大きく悪影響を及ぼすに違いありません。